以前にこちら(⇒CIC 信用情報 申請)で申請していた信用情報が届きました。

大体申請を出してから1週間程度で届く感じです。中にはこんな感じで信用情報の書類が入っています。

cic 信用情報

CIC 信用情報の見方

届いた情報の中で一番大事と思われるのがこちらの部分。

cic 信用情報

一番下の「状況」という部分です。

ここに過去の支払状況が載っていてここの成績がクレジットヒストリーとも言われるところ。

表示内容はこのようになっています。

表示 内容
$ 請求通り(もしくは請求額以上)の入金があった
P 請求額の一部が入金された
R お客様以外から入金があった
A お客様の事情で、お約束の日に入金がなかった(未入金)
B お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因がわからない
請求もなく入金もなかった
空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった

 

とりあえず「$」「-」「空欄」以外が載っているとちゃんと入金がなかったということになります。これがあるとクレジットカードなどの審査に影響が出るのは間違いないという感じ。つまりブラックリストと呼ばれる状態です。

で、このブラックリストからいつ消えてくれるのか?というのも書かれています。

cic 信用情報 見方

「2.保有期限」というところです。

CICから送られてきた資料に書かれていたのですが、情報の保有期限は「契約期間中、および取引終了から5年間」と明記されています。今回の画像に日付が入っていないのはまだ支払い中のものだからです。そして、仮にブラックリストに掲載されている場合は、ここの期限が重要なポイントになります。

その期限が終了したらいわゆる「喪明け」という感じです。

 

他にも情報が載っていますが、そこまで重視するところは無いかな?という感じ。

ただ喪明けでクレジットカードなどを申し込みしようと考えた場合に一応見ておいたほうが良さそうなのが後ろについている「申込状況」という用紙。どこに申込をしたのか?という情報です。

申込をした時に情報掲載され、申込が完了した場合は上記で説明したクレジット情報に載ってきます。けれども申込はあるけど、申込情報がない場合は「審査が落ちた」ということを表すので、信用情報がなくて審査に落ちている事実はわかってしまいます。

この申込状況の情報保持期限は6ヶ月となっているので、喪明けでクレジットカード等を申し込みするなら申込状況も消えてからの方が良さそうです。

CIC情報をみて思ったこと

いろいろと見れてすごいなぁとか思ったんですが、注目したのが携帯電話の割賦料金。携帯を分割払いしている人も多いかと思うので携帯の支払い遅れをすると信用情報にも掲載されてしまいます。

ちょっと前に子供名義の携帯の支払いを親がしていて親が遅延。その信用情報が掲載されて子供がカードを作れないという話も聞いたことがあるくらいです。子供が結構大変です(;・∀・)

そんなこともあるので携帯もちゃんと遅れず払うのは大事ですね。

 

とりあえずこの信用情報は結構長い間掲載される情報なので支払いはちゃんとしようと改めて思いました。