最近テレビCMでもみる「過払い金」。文字の通り払い過ぎたお金のことです。ここではなぜ過払い金が発生するのか?過払い金請求する方法などについて見ていきたいと思います。

過払い金の発生する仕組み

なぜ払いすぎてしまうことが起きるのか?というと、利息制限法と出資法の2つの法律が関係してきます。

現在消費者金融でお金を借りる場合の金利は利息制限法で制限されていて、利息制限法での利息のルールは以下のようになっています。

貸付金額 法定利息
10万円未満 年利20%
10万円以上100万円未満 年利18%
100万円以上 年利15%

 

それに対して出資法という法律では金額関係無しで貸付金利は上限利息が年利29.2%となっていました。

本来は消費者金融は利息制限法の利息(最大20%)で貸す必要があったのですが、高い利息の取れる出資法の利息29.2%で貸し付けていたことが原因で過払い金が発生する原因となります。

なぜそんなことを消費者金融が行っていたかというと、出資法を超えると懲罰があったのに対して利息制限法の利息を超えても懲罰がなかったためです。この出資制限法の利息の上限と出資法の間の金利をグレーゾーン金利といいます。

スクリーンショット_2015_11_23_1_07

消費者金融はずっとこの出資法の利息でやってきたのですが、最高裁がある判決で消費者金融は出資法に基づく金利を受け取ることを認めないという判決を出したことで、過払い金請求が可能となりました。

%で見ればそこまで大きな差に見えないかもしれませんが、借りた金額によっては一月だけでも大きな差が生まれてきます。仮に計算をしてみましょう。

 

 

100万円を借りた場合を想定してみます。・利息制限法の場合
100万円 × 15% ÷ 12ヶ月 = 12500円/月

・出資法の場合
100万円 × 15% ÷ 12ヶ月 = 24333円/月

差額は11833円

1月に発生する利息だけでもこれだけの差が発生してしまいます。この差額が過払い金です。これが何年にもわたって続ければかなり大きな差です。ここで大きな差が発生してしまうから過払い金は請求するだけで大きなお金が返ってきます。

実際に請求した例でいえば、「200万円の借金があった人が過払い金請求したところ、200万円が払い終わるだけでなく340万円のお金が戻ってきた場合」や、「払い終わったところの過払い金請求したら600万円のお金が戻ってきた場合」もあったようです。

過払い金請求ができる人は?

誰でも過払い金があるわけではないので、全員が全員過払い金請求できるというわけではありません。理由は2010年6月に法律改正されてグレーゾーン金利が認められなくなったからです。

過払い金請求をする場合少なくともこの年度よりも前に借りたお金であることが条件で、なおかつ最終取引から10年経過していないことが条件になります。ただ、業者によっては適切な利息になっている場合もあるので、2010年以前であれば必ず発生するわけではありません。

本当にあるかないかは取引履歴を見るなどして見てみないとわからないので「発生するかも?」と思ったらまずは調べてみることが大事になります。

過払い金を返還請求する方法

単純に過払い金を請求するだけであれば、個人でも、専門家でも誰が請求しても問題はありません。

個人でする場合はある程度の知識と、時間・手間が必要になってきます。相手の出方次第では裁判までする必要もあります。それに対して専門家に頼んだ場合は基本的にすべてのやり取りをしてくれるので、自分はほぼなにもせずにお金が返ってくるのを待つだけです。

個人で直接請求する方法についてはまた別のページで紹介をしたいと思います。

過払い金返還請求は個人と専門家での違いは?

個人で過払い金返還請求をする場合は専門家と比べて相手もなめてかかってくるので、交渉に時間がかかったり、相手の口がうまくて本来返還してもらうべきお金より低い金額で合意を求めてきたりします。だから個人でする場合はきちんとした知識を持っていないと大変にはなると思われます。

それに対して専門家にまかせてしまうと自分は殆ど何もしなくて良いのがメリットになってきます。
ただし専門家に頼むと過払い金で戻ってきたお金の約15から20%(依頼する場所による)の手数料や、依頼する場所によっては着手料金も取るところがあるので、いくらか戻ってくる費用は少なくなってしまいます。

とはいってもやっぱり個人でするよりかは専門家に頼むほうが確実なので、個人的には専門家に依頼するのが良いと思います。