過払い金請求 リスク

過払い金請求をするとお金が返ってくるとは聞くけれどもリスク(デメリット)もあるのではないかと疑問に思ったので、調べてみたところ、2つのリスク(デメリット)が有りました。

 

  • 請求したカードが利用停止になる
  • 請求した会社で再度カードが作れない可能性がある

この2つです。

デメリットを考えると「家族に過払い金請求していることがばれないか?」「ブラックリストに載らないのか?」など思いつくかもしれません。基本的に過払い金請求自体で家族にバレることはないですし、完済しているカードを過払い金請求するのであればブラックリストに載ることもありません。

 

上記のリスク、ブラックリストや家族バレなどに関する説明は以下に詳しく書いていきたいと思います。

請求したカードが利用停止になる

過払い金請求をしたら基本そのカードは使えなくなってしまいます。

実際に母親が過払い金請求をした後にカードを利用しようとすると使えませんでした。だから普段の電気料金・ガス料金など大事な支払いに使用しているカードを過払い金請求する場合は事前に支払い方法を変更するなどしておくほうが良さそうです。

利用中止にされてしまって困るのであれば、過払い金請求は1契約ごとにできるのでそのカードは避けるなどの対策をとったほうが良いでしょう。するしないの判断は返ってくる金額にもよるとは思います。

請求した会社で再度カードが作れない可能性がある

イオンカード 過払い金請求

過払い金請求した会社で再度カードを作ろうとすると作れない可能性があるようです。理由はそのカード会社に過払い金請求した事実が残っているからです。

過払い金請求自体で信用情報が傷つく(ブラックリスト化)ことはないのですが、請求した会社には信用情報とは別で、過払い金請求した事実が残っています。その事実が理由でカード作成を断られる可能性があるようです。相手の会社としてはやっぱり過去にそういった事実のある人には貸したくないというのが実際のところみたいです。

ただ新しくカードを作れないというのは「絶対」ではなく、作れる場合もあるようです。

これだけはその会社の審査基準によるので、過払い金請求を得意とする弁護士でも「絶対に作れる」「絶対に作れない」と断言はできないようです。とりあえず言えるのは、再度その会社でカードを作成することができない可能性もあるので、どうしても使いたいカードがあるなら、その会社は過払い金請求するのを避けておくほうが良さそうです。

過払い金請求ではブラックリストに載らない

過払い金請求 ブラックリスト

過払い金請求の場合、基本的にブラックリストに載ることはありません。

請求する前にその会社への支払いが全て完了している場合は全く気にする必要が無いのですが、

 

  • 借入が残っている状態
  • ショッピング利用の支払いが残っている状態

の場合は注意が必要です。

 

上記の2つの場合、過払い金請求して返還されたお金で支払いがすべて終わらなかった場合、ブラックリストに載ってしまうようです。この場合扱いが過払い金請求ではなく、任意整理(詳しくはこちら⇒任意整理とは)の扱いになるから載ってしまうとのことでした。

だからブラックリストが怖いなら、まずは現在支払いが残っている部分を全て完済してから過払い金請求したほうがリスクなく過払い金請求できます。

過払い金請求は家族にばれない

弁護士や司法書士に頼んだ場合、バレることはないです。(基本的には)

 

実際に家の父親が過払い金請求したんですが、本人の口から聞くまでわからなかったです。母親の分は申込を私がしたので、やっていることを知っていましたが、中身については母親に聞くまでは一切わかりませんでした。事務所の方でも個人情報の保護もしっかりしているし、バレたくないことをわかってくれているのでバレることはないでしょう。

 

ただし、過払い金請求を自分でしようと思っている場合は、連絡が自宅にきたり、郵送物が送られてきたりでバレる可能性はあるかと思います。といっても手間もかかる過払い金請求。専門家に任せておけばすべてやってくれるので専門家に依頼するほうが良いかと思います。

過払い金請求のリスク まとめ

過払い金請求 返金額

過払い金請求自体でのリスクは、請求したところのカードが今後使えなくなってしまうということです。

 

といっても信用情報が傷ついて他のローンが借りられなくなるというわけではないですし、クレジットカードなどもたくさんの会社が出しているのでそこで作れば良いだけです。そういったリスクよりもお金が返ってくるというメリットの方が大きいです。

実際に私の両親が計3社に過払い金請求して返ってきた金額は400万円以上。

 

別にカードも作れるし、信用情報が傷つくことはないので、ヤラないことの方がデメリットが大きいと思いました。