任意整理とは貸金業者と返済額や返済方法を交渉して、合意の上で借金問題を解決する方法です。具体的に任意整理した場合にどういったことがあったかを実例で見てみるとこのような事が起きたことがあります。

借金の残高が約300万円、月々の支払いが10万円

⇒借金の残高が48万円なり、月々の支払が3万円
借入額が450万円、月々の支払いが15万円程度

⇒借金残高が230万円になり、月々の支払が5万円

これはあくまでも一例ではあるのですが、自己破産をせずに借金総額を減らし、月々に支払う負担を減らす方法となっています。ではなぜ任意整理ではこういったことができるのでしょうか?まずは任意整理の仕組みについて見ていきたいと思います。

任意整理の仕組みは?

任意整理で借金を減らすためにすることは主に以下の3つになります。

  1. 過払い金が発生して場合がある
  2. 残りの借金の残高を減らすように交渉する
  3. 交渉以降の利息の支払いをなくしてもらう

それぞれを詳しく見ていきましょう。

過払い金が発生している場合がある

まず最初にするのが、過払い金が発生していないか?を確認することです。過払い金の仕組みについては別ページで詳しく書いているので、ここでは簡単に説明を書きたいと思います。
(過払い金の仕組みについてはこちら ⇒ 過払い金とは?)

過払い金というのは、言葉のまま「払いすぎているお金」です。
かつて貸金業者は本当は法律で許されていない金利で貸付をしていました。その法律で許されていない部分については本来払う必要のないお金なので、そのお金は返してもらえます。

その返ってくる分のおかげで借金総額を減らすことができます。しかも過払い金はすでに支払い終わった借金でも発生する時もあります。だから返ってくる金額によっては残りの借金を返済しても更にプラスになる場合もあります。任意整理を始めたら、最初に過払い金がないか?を確認して、本当に支払う必要のある借金額を算出します。

残りの借金を減らすように交渉する

過払い金がないのかどうか?の確認をし、最終残った借金をどのように返済するのかを交渉することになります。任意整理では基本的に3年程度で残りの借金を返済するように計画を立てて話し合いをします。

交渉以降の利息の支払いをなくしてもらう

任意整理をする場合、交渉に入ってもらった時点で支払わなくて良いお金が発生します。それが未払利息と、将来利息です。未払利息とは最終取引日から任意整理の交渉が完了するまでの間の利息のことで、交渉完了後から支払い完了までの期間の利息のことを将来利息といいます。

任意整理では交渉の時に、交渉開始時から支払い完了までを利息なしで、支払う金額を決める交渉をします。だから交渉を始める時からの利息はないものと考えても良いかもしれません。

任意整理はどうやってするの?

任意整理は個人ですることもできますし、司法書士や弁護士に依頼してする方法があります。ただここでは司法書士や弁護士などの専門家に依頼するの良いでしょう。理由はいくら個人で任意整理できると言っても、消費者金融側が個人相手で対応をしてくれない場合も多くなっているし、仮に交渉できたとしても時間が長引いいたり、交渉がうまくいかない場合もあるからです。

何よりも専門家に頼む一番のメリットは、依頼が完了した時点で、専門家が消費者金融に連絡した後は、その日から取り立てなどの連絡が一切来なくなるところです

それ以降は専門家が消費者金融との交渉に入ってくれるので、この先どうするか?をしっかりと考える時間も作ることができます。自分でするとなると交渉もしないといけないし、取り立ての連絡も来続けるので大変です。

唯一自分でする場合のメリットといえば専門家に払うお金がいらないということです。もちろん払うお金はない方がいいですが、やはり交渉などの手間・成立までの時間を考えると専門家に頼むほうがメリットは高いといえるでしょう。

任意整理のメリットは

任意整理の一番のメリットは交渉する相手を選ぶことができるところです。

例えば務めている会社であったり、住宅ローン、車のローンなど返済でトラブルを起こすと日常生活に問題が出てしまうような業者だけはそのままにしておくなど自分が交渉したい相手だけを交渉することが可能になってます。

他の個人再生、自己破産は基本的にすべての借金相手を明らかにして手続きを進める必要があるので日常生活に影響が出てくる場合も考えられます。だからもしすべてではなく、一部の借金を返済することで借金問題を解決することができるのであれば任意整理は一番適した方法になる場合が多いでしょう。

任意整理は会社や家族にバレるのか?

専門家に依頼した場合は基本的にバレることはありません。

業者との連絡や書類のやり取りは専門家がすべてやってくれるので家や会社に連絡が行くことがないからです。また任意整理のメリットの部分でも書いたように任意整理は相手の会社ごとに行うので、情報がいってほしくない会社であれば対象から外すこともができます。

任意整理が一番よい方法か?

ここまで書いてきた内容だけを見ると任意整理はいいことも多く、借金整理をするにはいい方法です。

ただこれは誰にでもいいというわけではなく、他の方法の方が良い場合もあります。収入状況、借入金額などなど要因は様々あります。またどこから借りているか?にもよって違ってきます。どの方法が一番良いのか?というのは、たくさんの借金問題を解決してきた専門家の方が確かな情報を持っているので、一番は専門家に相談してみることです。

「本気で今の現状を変えたい。」

そう考えているならまずは専門家に相談から初めて見てはいかがでしょうか?