note

任意整理のデメリットであげられるものは以下のものがあります。

  1. 約5年から7年間ブラックリストに載る
  2. 自己破産や個人再生と比べると借金の減額のメリットが少ない
  3. 任意整理に応じない業者も増えてきている

借金の減額を交渉する任意整理で、自己破産、個人再生と比べるとデメリットは少ないと言われています。 けれども少なからずデメリットがあるのは確かです。上記で書いた内容について以下で詳しく書いてみます。

約5年から7年間ブラックリストに載る

ブラックリストに載るというのは信用情報機関に載るということです。ローンやカードを作るときに各社信用情報機関で情報を確認して、問題ないか確認をします。けれどもブラックリストに載ってしまうとそこで「問題あり」と判断されて審査が降りなくなってしまいます。

このブラックリストに載るのは一般的に任意整理で5年から7年と言われていて、それが過ぎるとまた再作成が可能になります。

その間クレジットカードが使えないとなると不便ではありますが、預金している金額しか使えないけどクレジットカードのように利用できるデビットカードは作成可能です。 ブラックリストから外されるまでの間はデビットカードで対応するようにすれば問題ありません。

自己破産や個人再生と比べると借金の減額のメリットが少ない

これは大きなデメリットではないのですが、他の債務整理の方法と比べれば借金の減額できる金額は少なくなってしまいます。 個人再生や、自己破産は裁判所で責任を免除してもらうのに対して、任意整理の場合はあくまでも業者との交渉での和解になります。

貸した業者の気持ちになってみたら、貸していたお金を減らしてくださいと言われたら、できる限り返してもらいたいですよね? こちらの意見と相手の意見で妥協できるところを探すことになります。相手も妥協できる範囲となってしまいます。

任意整理に応じない業者も増えてきている

これはどこという話ではないのですが、任意整理はあくまで交渉です。いくらこちらが要望を言っても貸したものは返せと言われる可能性はあります。 もちろん過払い金が発生している、引き直し計算したら本当の借金はもっと少なかったなどが判明したものについては減額はできます。

現状が厳しいならまずは相談を

ここまで任意整理のデメリットについて書いてきましたが、現状支払いなどが厳しいと感じているならまずは専門家に相談をしてみるのが良いかと思います。

そもそも現在の借金金額が正しいかどうか?というのもわかりませんし、単純に正しい借金の計算をし直したらすでに払い終わっていて、過払い金が返ってくる場合もあります。 実際に任意整理しなくてもどうしたら良いのか?ということも相談するだけなら無料でできるところも多いです。 もし、本気で借金問題を解決したいと考えているならまずは相談してみましょう。