任意整理 クレジットカード

任意整理した場合のクレジットカードの扱いはどうなるのか?というのが気になり、実際に任意整理した人のブログ、弁護士さんの情報を調べてみるとわかったことを紹介したいと思います。

任意整理すると手持ちのクレジットカードはどうなる?

まずは第一に任意整理するときに持っているクレジットカードがどうなるかということです。任意整理の場合、任意整理するカードや会社を選択できるようになっているんですが、対象にするする・しないでどうなるかは変わってくるとのことです。

任意整理の対象にした場合

この場合は、すぐにクレジットカードは解約され、利用できない状況になってしまいます。

任意整理の対象にしていない場合

こちらの場合は、すぐに止められることが確定ではないのですが、いつかのタイミングで解約されてしまいます。具体的には

 

クレジットカード会社が信用情報を確認した時点で解約される可能性が高いとのこと。

 

この信用情報の確認のタイミングというのは具体的にいつというのは会社ごとに違っていて、数カ月に1度確認するところ、少ないところだと更新のタイミングだけ確認するところがあるようです。だからいつ解約されるかはわかりませんが、最低でも更新のタイミングで解約されることだけは間違いないとのことでした。(任意整理したことは信用情報に絶対に載るため)

任意整理するとクレジットカードは作れない?

任意整理 クレジットカード

作れないという話もあるんですが、決してそういうわけではなく、すぐには作れないというだけで、信用情報から任意整理した情報が消えたら作れる可能性が上がるようです。

 

情報が載っている(ブラックリスト状態)が消えるのは一般的には任意整理後支払いが完了した時点から5年(信用情報期間による)なので、最低でも5年間は作れない可能性が高いとのことでした。ただし、5年間立たないと絶対に作れないか?というわけではなく、作れるか会社もあるのは事実です。実際に私は任意整理ではないですが、信用情報に事故情報が載っている状態でちゃんとした会社(闇金ではない)で作れました。

※ここについてはまた別ページで書きたいと思います

5年間クレジットカードを作りにくい理由はクレジットカードの発行会社はその信用情報を照会して発行するかしないかの判断の一つにしているからです。

一般的に審査がゆるいと言われている会社に「楽天カード」があるんですが、私は以前に申し込みをして断られています。その後、こちら(CICに信用情報を紹介してみた)に書いたように信用情報を確認してわかったのですが、信用情報に事故情報があったのです。

だからゆるいと言われていても信用情報に事故が載っていると基本的にクレジットカードは作れないと考えて問題はないかと思います。

任意整理中のクレジットカードについて

実際にクレジットカードが使えなくなるのは事実で、作れる可能性も低いのは確かなようです。といってもやっぱりクレジットカードがないと不便です。ネットショッピングとか、現金がない時などにあるとやっぱり便利ですからね。

 

そこで作りたいのがデビットカードです。

 

デビットカードとは、クレジットカードではないけどクレジットカードのように使えるカードとなっています。私も実際に使っていましたがこのような感じで、基本見た目的にはクレジットカードと同じです。

スルガ銀行 デビットカード

 

クレジットカードとの違いは預金口座にあるお金以上は使えなくなっているところ。だから自分が持っている以上に使うことがないので借金の原因にもなりにくいですし、銀行口座を作るような感覚で作れます。

 

普通にamazon、楽天などでも使えるので、信用情報機関の情報が消えるまでは代用として持っておくとかなり便利です。

 

任意整理とクレジットカード まとめ

長くなりましたが、ここまでの話を完結にまとめてみるとこのようになります。

  • 手持ちのカードは使えなくなる
  • 新規のカード発行は最低でも5年は難しい
  • 作れるようになるまではデビットカードで代用すると便利

 

いかがだったでしょうか?

私なりに専門家の人のサイト等の情報を見てまとめてみました。もし説明でわかりにくかった部分、疑問があればコメントに書いていただければ、加筆等したいと思います。