任意整理が終わるまでにかかる期間についての話をしたいと思います。 任意整理をした場合にかかる時間は普通に難なく行けば3ヶ月程度、裁判までもつれ込んだ場合でもおよそ半年ほどで終わると言われています。

全体的な流れとしてはこのような感じ。

任意整理の流れ

受任

一番最初にするのがこれで、司法書士や弁護士さんが任意整理の交渉の代理ですることが決定し、その旨を消費者金融などの相手の業者に通知します。 通知が業者に行くと、業者はやり取りを司法書士などの専門家などとすることになり、借りている本人への支払い請求ができなくなるので、請求、催促の連絡が来なくなります。

利息制限法による引直計算

今借りている借金の金額が本当に正しい金額を計算し直します。

過払い金が存在しないか?なども見るので、人によってはこの段階で借金がゼロになってお金が返ってくる場合すらあります。 大体、受任から借金の正しい金額がわかるまでで1~2ヶ月程度かかると言われています。

和解交渉・契約の締結

借金の正しい金額を計算したものを元に相手の業者との交渉に入ります。
よくあるのが、利息以外の残高を36回程度で支払いをするように交渉するようになっています。もちろん借金額などによっては持ちかける条件も変わってきます。

こちらの条件もそうですが、相手が飲んでくれる条件も業者によって変わってくるので、どうなるか?は何回も交渉の経験のある専門家に相談するのが一番でしょう。 大体の相手の納得してくれるだろう落とし所を出してくれるはずです。

ここの交渉にどれくらいかかるか?というところで任意整理にかかる期間は変わってきます。

支払いの開始

後は支払うだけなんですが、この時に大事なのが必ず契約した通り確実に返すことです。 返済が遅れたりすると相手の業者から残りの借金を一括で請求される場合もあります。

任意整理自体は交渉をして、将来利息をなくしてもらったり、残額を減らしてもらうなどしているわけなので、約束を守らないのであれば相手からすれば世紀の額を払ってもらいたいところですからね。 だからやった場合は必ずちゃんと払うようにしましょう。

任意整理にかかる期間は一般的には3ヶ月

最初にも書いたようにかかる期間は大体の場合約3ヶ月と言われています。 ただし、やっぱり業者によっては対応も違ってかかる期間も変わるとのことでした。

どれくらいの期間がかかるか?と言うのは気になるところで、できれば早く解決させたい気持ちもわかるんですが、任意整理をし始めてきちんと交渉が終わるまでの期間中は支払いする必要がないのでしばらく気持ちにも余裕ができるはずです。 本気で借金問題を解決したいと思うのであればまずは専門家と話を進めていくのが良いかと思います。