任意整理 注意点

任意整理について調べていた中で一つ注意したほうが良さそうなことがあったので書いておきたいと思います。

 

換金性の高いものが没収されてしまう場合があるということです。

 

具体的には車であったり、着物、家電製品、ブランド物など売ればお金になるようなものが該当します。任意整理を担当されていた弁護士さんの話で実際にそういったケースがあったようです。

誰でもそうなるというわけではなく、任意整理する会社でまだ支払いが残っているものが該当するということでした。例えばAというカードでヨドバシカメラで購入したテレビをカードで分割支払をしている場合を考えます。このテレビの支払いが残っている状態でAのカードを任意整理した場合にテレビを没収されてしまうということです。

Aという会社からすれば借金を減額するんだから、本来支払う義務があるべきものなんだから商品を返しなさいということなのでしょう。確かにそれが原因でできた借金なのであればしょうがない気もします。

任意整理で車が没収?

でもクレジットカードで車なんて買わないん人がほとんどなんだから、車が没収されてしまうのはなぜ?と思ったのですが、どうやら車のローンを組んでいるところと、任意整理した会社が同じ会社である場合にそういうことがあるみたいです。

具体的なケースでは、セディナのカーローンを組んでいて、セディナカードを任意整理した場合とかがそれに該当します。

 

だからもし任意整理するときに車のローンとかがあるなら、任意整理する会社選びはちゃんと考えたほうが良さそう。といっても素人からすればわからないことも多いので、まずは専門家に相談してみるのが一番だと思います。