債務整理を依頼する場合、司法書士(正しくは認定司法書士、以下では司法書士)、弁護士どちらかに依頼することになるのですが、この2つの大きな違いは扱える業務の違いになります。個人再生・自己破産、任意整理、過払い金請求の場合で変わってくるのでそれぞれを表にまとめたいと思います。

個人再生・自己破産の場合

この2つの場合は、司法書士と弁護士ではできることが全く異なります。

弁護士の場合は完全な代理人としてすべてを依頼することが可能ですが、司法書士の場合は書類作成の代理しかしてもらうことができません。個人再生、自己破産を行う場合は裁判所とのやり取りがあるので、作成だけはしてもらってほかは自分でする必要があります。

なので、この2つの方法を取る場合は最初から弁護士に頼むほうが良いのかもしれません。

任意整理・債務整理の場合

この2つの場合は得られる利益が140万円以下であれば弁護士と司法書士での違いはありません。

経済的利益はこちらが得になるなる金額のことで、仮に200万円の借金が正しい計算の結果80万円になった時、経済的利益は110万円となります。たまに借金の総額で140万円と書いている情報も載っていたのですが、法律事務所などの説明を見ると経済的利益が140万円となっていたのでこちらがあっているはずです。

この140万円というのも、請求する1件に対しての金額になるので、選ぶときに重要になるのは1社に対してどれくらいの借金があるか?となります。

どちらのほうが良いか迷ったら

正直、弁護士と司法書士ではかかる金額も変わってきます。だから単純に今の借金がどれくらい減額になるのか?どの方法が良いのか?というのを調べるほうが良いかと思います。

自分で計算するのは難しそうであれば、無料で調べることができるサービスがあるので良かったらそちらを利用してみてください。

借金解決!無料診断シュミレーター