• 消費者金融、銀行、信販会社の場合は5年
  • 個人間であれば10年

借金の時効は最後の返済もしくは借入から上記の5年か、10年経っていれば時効となります。
時効が過ぎていると、時効を主張して借金をなくしてもらうことができます。

ただし、時効だからといって勝手に借金が0円になるわけでなく、きちんと時効を主張すること(時効の援用)が必要です。どのように時効を主張するのかというと内容証明郵便で書類を送ることでできます。

ただ絶対に5年、10年経っていれば絶対に時効を主張できるか?というとそういうわけではありません。具体的な内容を書いてみます。

借金の時効が成立しない場合は?

以下の場合、時効の中断=時効が0に戻ります。

  • 債務があることを認める行為をした場合
  • 裁判を利用して請求された場合
  • 差押え、仮差押、仮処分などをされた場合

債務があることを認める行為をした場合

債務があると認める行為というのは、単純に支払いをすることはもちろん、支払うことに同意する文章であったりに署名をしたり、遅れてでも支払うとといったりと支払いの意志を見せることになります。

このあたりはまだ簡単に避けられることではあるんですが、ひどい業者であれば借金を減額するから残りを支払ってくれればいいなどといってうまいことこちらが支払う意志があるように誘導する業者もあるようです。

裁判を利用して請求された場合

これはそのままで訴訟を起こされたりすると時効が中断されて期間が元に戻ります。

訴訟まで行かなくても内容証明で支払い請求の連絡が来た場合は6ヶ月間は時効が中断されます。そのまま6ヶ月間訴訟などを起こされなければ時効が継続していくので内容証明で請求されたとしても約5年半程度で時効になります。仮に裁判の請求が来た時に無視しても、判決は決まり、判決が決まった場合は時効は判決から10年に延長されます。

差押え、仮差押、仮処分などをされた場合

これはそのままですが、相手の業者らから返済されないことで給料などの差し押さえなどをされた場合は時効が中断されてしまいます。

借金の時効はうまく

借金には確かに時効が存在します。すでに時効に達している借金があるなら時効の援用を利用するのはありだと思います。するなら本当に時効でなしにできるのか?などを専門家に聞いてするのが良いかと思います。

ジャパンネット法務事務所

ただ、今残っている借金をなんとか時効まで待って放棄しようとするのはしないほうが良いかと思います。

相手も貸したお金は返してもらいたいため、何らかの手を打ってきます。
それで上に上げたような時効が中断されるような方法をとられるとまた0からになってしまいます。そうなるとまた返済に悩まないといけない日々が続いてしまいます。

今では任意整理、個人再生など借金を整理する方法があります。そういった債務整理の方法で支払い方法を軽くするなどして、借金問題の解決を進めるほうが先に後ろめたい気持ちをもって生活をしなくて進んでいけるはずです。