生活保護者が借金を返済すること自体が禁止されています。

生活保護者は生活していく上で必要最低限のお金を上げる制度なので、資産を作るということ自体が禁止されています。借金はいわばマイナスの資産なので借金を返すことは資産を増やしてのと同じ意味なので、返済自体が禁止されています。

それでも貸している消費者金融などから返済の催促がきたら、払わざるをないと思うかもしれませんが、当然禁止されているので返済は厳禁となっていて、返済したのがバレると生活保護の支給が止められてしまう可能性もあります。

その際は言いづらいかもしれませんが相手に「生活保護受給中なので支払いをすると生活保護が止まってしまうので払えません」というしかありません。それを言えば相手は連絡すらしなくなってくる場合もあるようです。

ただし、それでも業者によってはまだ催促を続けてくる場合もあります。そうなった時は自己破産して借金を免除してもらうしかありません。

生活保護中であれば国が運営している法テラスで依頼すれば無料で自己破産をすることができるので、相談をしてみましょう。