自己破産 期間弁護士とかに聞くとだいたい6ヶ月程度という答えが多いみたいです。ただし、実際には人によってかなり違うみたいで、早ければ3ヶ月遅ければ1年とかかかる場合があるとのことでした。

借りている会社の数、持っている資産の数などによって手続きにかかる期間が変わるのが原因なようです。

で、この時に気になってくるのがその間の支払いってどうなるの?と言うところ。調べてみたらこうなっていました。

弁護士に依頼して自己破産を進めている場合、相手に手続きに関する権利を委託したことが相手に連絡が行き(受任通知)、相手は支払いの請求・催促の電話等ができないようになるとのことです。ただし、自分で自己破産を進める場合は相変わらず催促の電話等はかけられてしまうみたいなので、そういう連絡が来るのはやっぱり精神的にも辛いと思うので専門家に頼むほうが賢いのではないかな?と思いました。

専門家に頼んでしまえば、連絡もこなければ支払うひつようもないので、実質依頼までの分で借金が終わりと考えられます。もちろん、弁護士に頼んでいるので費用がかかりますが、催促の電話等がなくなって、支払いも止められるのであれば十分弁護士費用を払う価値はあるかと思います。

今では自己破産等の依頼費用は分割支払にも対応してくれるので、自己破産してからしっかりと払っていけるような生活を心がければ良いだけですからね。